【桜花賞】(1)ナイントゥファイブ 西園師ご機嫌「良い枠に入った」

[ 2020年4月10日 05:30 ]

 フィリーズレビュー3着のナイントゥファイブが1枠1番の“ポールポジション”を引き当てた。西園師はご機嫌。「とてもいい枠に入った。理想的。ここならスッと前へ行けそう。レシステンシアがハナを主張するなら2番手でもいいし、来なければハナを切ってもいい」と舌なめずり。先行争いについて一歩も引かない構えだ。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年4月10日のニュース