【浜田・東京本社ワンモアトライ】13日京都9R 両親の軌跡を追ってカレンモエが夢かける快走

[ 2020年1月13日 08:00 ]

 カレンモエは父ロードカナロア、母カレンチャンという夢配合。父は日本と香港でG1・6勝を挙げ、13年年度代表馬に輝いた名スプリンター。母もスプリンターズS、高松宮記念と6FG1・2勝。究極のスピード結晶と言っていい。

 デビュー4戦の戦績は【2020】。期待が大きいだけに物足りなくも映るが、確勝と目された何でもない舞台で足踏みするのは、むしろ両親に共通するキャラクター。父も母も本領を発揮したのは4歳夏以降だった。明け4歳を迎えた娘も今年が勝負の年。放牧で立て直し、まずは2勝クラスを突破する。モエはハワイ語で「夢」の意味。両親の背中はまだ遠いが、いずれ追いつく夢を抱いて…。(14)から。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年1月13日のニュース