【ポルックスS】アラミス4馬身差圧勝!須貝師「能力と状態に自信あった」

[ 2020年1月13日 05:30 ]

ポルックスSを制した藤岡康太騎乗のスワーヴアラミス(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 日曜中山メインのポルックスSは、1番人気スワーヴアラミスが4馬身差で圧勝。2番手から4角先頭で押し切る横綱相撲に、藤岡康は「いい位置で競馬できたし最後も突き放して強かった」と称賛。須貝師も「メンバーもそろったが、馬の能力と状態に自信があった」と満足顔で振り返った。次走は未定。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年1月13日のニュース