展開を読む【初春S=ハイペース】

[ 2020年1月13日 05:30 ]

 先行馬がズラリ。レイダーがハナを主張。ヘルディン、スズカグラーテなども続いて流れは速くなる。アーバンイェーガー、リュウノユキナも早めの仕掛け。前がかりの展開となり、G前でサザンヴィグラスなど後方待機組が飛んでくる。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年1月13日のニュース