【伊勢崎・G1シルクC】池田 エンジン超抜!G1・10Vだ

[ 2020年1月13日 05:30 ]

破格の上がりタイムで優勝戦進出を決めた池田
Photo By スポニチ

 池田が上州走路をぶっちぎって優出一番乗りを決めた。4日目9Rの試走タイムは3秒25、上がりタイムは今節最速の3秒341で「素晴らしいです」と自画自賛。2着の高橋貢は「付いていきたかったけど、(池田が)速かったですね」と脱帽するほど、エンジンは超抜といえる。意外にもG1優出は昨年1月の同大会以来1年ぶり。昨年は勝負どころで雨に泣いた印象だったが、この日は雨が降る前に決着をつけた。来月47歳になる池田は「できる限りのことをします」。自然体で通算10回目のG1制覇をうかがう。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年1月13日のニュース