サートゥル香港遠征プラン 秋田博章代表「初遠征がドバイは不安」

[ 2020年1月13日 05:30 ]

 昨年の最優秀3歳牡馬に選ばれたサートゥルナーリア(牡4=角居)に香港遠征のプランがあることが12日、分かった。ドバイ国際競走(3月28日)にも登録を済ませているが、馬主であるキャロットファームの秋田博章代表は「気性面を考えると最初の海外遠征がドバイというのは不安がある。初めて行く海外としてはドバイよりも香港の方がいいだろうし、国内なら大阪杯かな」と語った。香港遠征する場合は、クイーンエリザベス2世C(4月26日、シャティン芝2000メートル)がターゲットとなる。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年1月13日のニュース