【尼崎】毒島、一撃仕様も見せ場なし セミファイナルで敗退

[ 2020年1月13日 05:30 ]

 1着以外ではファイナル進出が難しい状況のなか、セミファイナル9R3枠で登場した毒島は「1着か6着、一撃仕様での調整」とピンロク勝負で挑んだ。結果は3コースからスタートで遅れての5着。何の見せ場もつくれなかった。「(スタートで)起きなかったし、仕方がないですね。もうその時点で終わってました。特別な調整だったので、明日(最終日)は元に戻しますよ」。尼崎ではエース級の40号機。エンジンの底力はある。最終日は結果を出して締めくくるか。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年1月13日のニュース