【梅ちゃん先生 特別編】13日中山2R スタインウェイで勝負

[ 2020年1月13日 08:00 ]

 早起きは三文のトク!?今日のイチ押しは中山2R(3歳未勝利)のスタインウェイだ。初ダートの前走は先行馬が蹴り上げる砂をかぶって戸惑ったが、直線では5着まで差を詰めてきた。ダート2戦目で慣れが見込めるうえに砂をかぶりづらい外めの枠を引いたとあれば…。

 「午前10時25分発走なの!?前日の夜遅くまでライブがあるけど、早起きして買ってみるよ」と語るのが日本を代表するジャズピアニスト、山本剛さん。若い頃にスタインウェイのピアノで腕を磨いたジャズ界の巨匠も踏む込むとあれば、きっちり結果を出してもらいたい。「長い目で見てほしいけど、そんな凄い人も応援しているなら頑張るしかないね」とは古賀慎師。スタインウェイにちなんだ不思議な話は次回、1勝クラスに出走した際に披露したい。

 ≪中山11R カナの押しきり≫中山11R・フェアリーSはスマイルカナから。先行馬が絶好の最内枠を引き当てた。デビュー2戦目の赤松賞(7着)は休み明けのせいで気負いが目立ったが、落ち着いて走れたひいらぎ賞は牡馬相手に逃げ切り。主戦・柴田大は「デビュー当時から凄くいい馬だと感じてきた。道中、フワフワと息を入れられればここでも楽しみ」と好感触を得ている。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年1月13日のニュース