【馬券道コバヤシ 特別編】13日中山9R 血と鞍上の勢いでテトラルキア

[ 2020年1月13日 08:00 ]

 今週は月曜日も京都と中山で開催があり、3日連続で競馬が行われる。日曜日は競馬場勤務。隣に座っていた菱田さんが「昔、担当していたボートは基本6日間やろ?毎日、予想が大変やったんやないか」と言われた。ボートは予選から準優、優勝戦と流れがある。予選にしても勝負駆けがあったりして、毎日意味合いも違う。気配変わりを追いかけるのも楽しみの一つだった。尼崎ボートでは、普段とは趣向の違う3日間の「バトルトーナメント」を開催中。13日が優勝戦、こちらの行方にも注目したい。

 今日の狙いは中山9Rテトラルキア。前走は直線でいったん先頭に立った。勝ち馬との叩き合いで内からしぶとく食らいついた。負けて強しの頭差2着。ハーツクライ産駒は土日で6勝の固め勝ち。鞍上のルメールもシンザン記念を勝って、年始からエンジン全開と勢いも魅力だ。

 馬券は馬単で相手は○サクラアリュール、▲ワイルドシング、☆リキサンダイオー、△ファイトアローン、ネコマヒカ、キタサンヴィクター、ヴィジョンオブラヴへ流す。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年1月13日のニュース