【京都新馬戦】レディフォリア差し切りV!秋山「手応えが良かった」

[ 2019年10月20日 05:30 ]

 京都5R新馬戦(芝1600メートル、牝馬限定)は5番人気レディフォリア(松永昌、父トゥザワールド)が差し切った。出遅れて後方追走。内を回って前との差を詰め、直線で狭いスペースを割った。秋山は「調教や返し馬ではピンと来なかったんですけど、競馬に行くと手応えが良かった」と振り返った。一方、松永昌師は「出遅れたけど、よく差し切ってくれた」と笑顔を見せた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月20日のニュース