【菊花賞】カリボール&ヴェロックス ジャスタウェイ産駒初の快挙へ!

[ 2019年10月20日 05:30 ]

 今年の菊花賞には、カリボール、ヴェロックスと2頭のジャスタウェイ産駒が出走。ジャスタウェイは現3歳世代が初年度産駒で、米G1ケンタッキーダービーに挑戦したマスターフェンサーなど多くの活躍馬を出しているが、JRA重賞ではのべ27頭が出走して【0・5・2・20】。産駒初の重賞制覇をクラシックの舞台で飾ることができるか?また、カリボールを管理する須貝調教師は菊花賞初挑戦となった12年にゴールドシップで制している。かつての管理馬ジャスタウェイの産駒で、7年ぶりの勝利を狙う。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月20日のニュース