【富士S】戦い終えて

[ 2019年10月20日 05:30 ]

 ▼2着レイエンダ(スミヨン)ベストな競馬ができた。道中は馬をリラックスさせることを重視した。もう1Fあった方がいい。

 ▼3着レッドオルガ(福永)悪くないタイミングで仕掛けられたが…。相手が一枚上だった。最後もよく伸びている。

 ▼4着クリノガウディー(戸崎)後ろからリズム良く運べたし、道中も楽な感じ。最後はいい脚で伸びていたが…。

 ▼5着カテドラル(シュタルケ)スタートのタイミングが合わなかった。ためられた分、最後はいい脚だった。

 ▼6着キャンベルジュニア(石橋)今日ぐらいの馬場がこの馬にとっては一番いい。最後は抜け出す脚も見せてくれた。

 ▼7着エメラルファイト(石川)やりたい競馬はできた。重賞クラスで東京だと最後は止まってしまう。直線の短いコースが向く。力負けではない。

 ▼8着メイショウオワラ(大野)道中のリズムも良く、最後までよく伸びてくれた。

 ▼9着アドマイヤマーズ(M・デムーロ)直線で反応がなかった。(敗因は)分からない。馬場は特に気にしていなかったが…。久々だったので使って良くなってくれれば。

 ▼10着ショウナンライズ(三浦)自分の競馬に徹して見せ場はつくれた。1400メートルがベスト。

 ▼11着トミケンキルカス(丸田)直線半ばぐらいまで頑張ってくれた。今日ぐらいの馬場なら大丈夫。

 ▼14着イレイション(田辺)割といい運びだったけど…。上がりが速いと厳しい。

 ▼17着ロジクライ(武豊)スタートしてから普段より行き脚がつかなかった。休み明けの分もあったかも。

 ▼18着ジャンダルム(藤井)スタートも出たし道中の感じも良かった。末脚を生かす馬だが、馬場の影響があったかもしれない。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月20日のニュース