【ユニコーンS】リョーノテソーロ、直線切れ見せた

[ 2018年6月14日 05:30 ]

併せで追い切り、早めに抜け出したリョーノテソーロ(撮影・近藤大暉)
Photo By スポニチ

 芝から砂路線に戻るリョーノテソーロはWコースでスパーダ(3歳未勝利)と併せ馬。5馬身追走から直線で早々に抜き去り、いっぱいに追われて5馬身先着した。武井師は「反応が速過ぎたけど、能力はある」と動きを高評価。「芝で勝ったのでG1(NHKマイルC=11着)にいったが、ダート短距離型なのは間違いない。距離は少し長いかもしれないけど3歳馬同士なら頑張ってほしい」と好勝負を期待していた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳王者決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年6月14日のニュース