【ユニコーンS】バイラ、終始馬なりで気分良く

[ 2018年6月14日 05:30 ]

坂路を追い切るバイラ(撮影・後藤正志)
Photo By スポニチ

 バイラは終始馬なりで坂路を駆け上がった。馬のリズムを重視した運び。ラスト2Fでペースアップして、4F54秒4〜1F12秒5をマークした。江口助手は「15―15秒で入って、馬の気分良く行かせる形で。前走も具合は良かったけど、状態は今までで一番いいですね」と好ムードをにじませた。1週前はCWコースで6F78秒7と破格の時計。最高級の仕上がりで、いざ重賞獲りに臨む。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年6月14日のニュース