【宝塚記念1週前追い】音無勢2頭、意欲の併せ馬

[ 2018年6月14日 05:30 ]

 音無厩舎の2頭が坂路で意欲的な併せ馬。それぞれジョッキーが騎乗。ダンビュライト(牡4)は菊花賞以来のコンビとなる武豊が手綱を取り、4F51秒6の好時計。「併せていっぱいに、との指示。少し遅れたが元々攻め駆けしない馬。走り方がいいし息遣いもいい」と納得の表情。レースを展望し「混戦。もつれたらチャンス」と話す。一方、天皇賞・春4着のミッキーロケット(牡5)は鞍上・和田で4F51秒4〜1F12秒5と元気いっぱい。「状態はいい。ゲートが安定してるから、好きなように乗れるやろ」(音無師)とこちらも好感触だ。 

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年6月14日のニュース