【ユニコーンS】菜七子 7回目のJRA重賞騎乗、ミックベンハーと初コンビ

[ 2018年6月14日 15:51 ]

 藤田菜七子騎手(20)が、今週末のユニコーンS(17日、東京)で自身7回目のJRA重賞に騎乗することになった。同レースはフルゲートの16頭に対し、22頭が投票。初コンビ、ミックベンハー(牡3=畠山)の抽選突破を確認した菜七子は「良かったです。乗せて頂けることに感謝したい」と笑顔を見せた。

 重賞騎乗は1月のフェアリーS(ジョブックコメン9着)以来で、JRA騎手の女性騎手が重賞を勝てば史上初の快挙となる。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年6月14日のニュース