【ダービー卿CT水曜追い】ミュゼエイリアン 黒岩師「まだ良くなる余地がある」

[ 2018年3月28日 15:47 ]

 前走・東風Sで約3年ぶり白星を飾ったミュゼエイリアンは濃霧の中、坂路で4F53秒9〜1F12秒7。黒岩師は「ダッシャークワトロ(5歳500万)と併せて、少し前に出ましたかね。去勢などで減っていた体がだいぶ増えて、筋肉量が増えた。まだ良くなる余地はある」と説明。東風Sは逃げ切ったが「ハナを譲らない馬(マルターズアポジー)がここはいるので。逃げにはこだわっていない」と自在戦の方針だ。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2018年3月28日のニュース