【大阪杯】ダンビュ、昨年暮れから連勝中 陣営も成長に手応え

[ 2018年3月28日 05:30 ]

 ダンビュライトは火曜朝は坂路を1本。昨年暮れから1600万→AJC杯と連勝中で、生野助手は「元からいい馬だったが、しっかりしてきて雰囲気が良くなっている」と成長に目を細める。昨年は3冠レース皆勤で皐月賞は0秒1差3着。浜中とは初コンビとなるが、同助手は「調教でもキャンターに行ってしまえば大丈夫だし、競馬で乗る分には難しさはないと思う。距離もこのぐらいがいいでしょう」と手応えを口にした。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2018年3月28日のニュース