【大阪杯】ダイヤモンド、漂う完全復活 陣営「変わってきた」

[ 2018年3月28日 05:30 ]

 金鯱賞3着で完全復活への足掛かりをつかんだサトノダイヤモンド。火曜朝は坂路を4F63秒0〜1F14秒7で流し、追い切りに備えたが、大将的な風格が印象的。池江師は「前走はフランスと比べたら良かったが、まだ魂が抜けたような感じ。今回は体も引き締まり、気持ちも乗って目つきも変わってきた」と目を細める。最終追い切りを確認した指揮官からゴーサインが期待できそうだ。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2018年3月28日のニュース