【ダービー卿CT水曜追い】マルターズアポジー 柴田善「黙っていても行っちゃいそう」

[ 2018年3月28日 15:33 ]

 中山記念3着のマルターズアポジーはWコースで5F67秒4〜1F12秒4(馬なり)。直線で軽く手綱を動かし。スピード感満点に駆け抜けた。騎乗した主戦・柴田善は「反応はいいですよ。加速もちゃんとしていた」と満足そう。徹底した逃げが武器で、重賞3勝も全て逃げ切り。「誰かハナに行く馬は他にいるの?黙っていても、僕のが行っちゃいそう。マイルもいいと思う」と逃げ専念で重賞4勝目を見据えた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2018年3月28日のニュース