【大阪杯】スマートレイアー、熟女の存在感

[ 2018年3月28日 05:30 ]

坂路で軽く調整するスマートレイアー
Photo By スポニチ

 紅一点のスマートレイアーは8歳を迎えても元気いっぱい。火曜朝は坂路を軽快に駆け上がった。阪神は全9勝中6勝を挙げている得意コースで、2000メートルでは昨年鳴尾記念2着がある。昨年暮れの香港カップ(5着)以来の休み明けだが、大久保師は「いつもと変わらないし、8歳でも年を取った感じはない。気持ちよく走ってくれれば」と期待を寄せていた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2018年3月28日のニュース