【ドバイターフ】レイデオロ、軽快キャンター 28日最終追い

[ 2018年3月28日 05:30 ]

海外G1制覇を狙うレイデオロ
Photo By スポニチ

 レイデオロは芝コースでキャンター。軽快な脚さばきで駆け抜けた。「元々手が掛からない馬だが、どんどん環境に順応している。リラックスして、いい調教ができている」と津曲助手。芝の感触についても「雨が降らず硬いと聞いていたが、散水のおかげでクッションが利いて走りやすい」と高評価。28日にルメールが騎乗して最終追いを行う予定。

 ▼ドバイシーマC ポエッツワード(サラ調教助手)輸送は無事にクリアできたし、レース間隔は空いているけどフレッシュ。いい状態です。香港は外枠に泣いたけど、巻き返したいですね。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2018年3月28日のニュース