【大井・帝王賞】コパノリッキー鞍上に森、南関東トップに託す

[ 2017年6月8日 05:30 ]

 今月28日の帝王賞(大井)に出走するコパノリッキー(牡7=村山)の鞍上が森泰斗(36=船橋)になることが7日、明らかになった。村山師は「同じ小林祥晃オーナーのラブミーチャンに騎乗したことがあるし、その縁もあって依頼しました。あれだけのジョッキーですからテン乗りでも心配ないと思います」と語った。

 先月5日のかしわ記念を快勝して、その後は放牧を挟んで今月1日に帰厩。主戦・武豊がアウォーディーに騎乗するため鞍上が空白となっていた。「帰厩後も順調に来ています」と村山師。14年から3年連続で南関東リーディング、15年と16年は全国リーディングのタイトルを獲得したトップジョッキーとの新コンビでG1・10勝目を狙う。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2017年6月8日のニュース