【マーメイドS】アースライズ 坂路で切れ切れ、12秒1連発

[ 2017年6月8日 05:30 ]

 アースライズは坂路の内めを通り、残り2Fは12秒1→12秒1とハイラップを刻んだ。安藤助手は「動きますね。切れ切れでした」と高評価する。1000万Vからの格上挑戦となるが、元々重賞で上位争いしていた実力馬。「ハンデ(54キロ)は見込まれたけど、メンバーもそれほど強いわけじゃない。小脚が使えるし、内回りにも対応できる。阪神も相性がいいから」と期待を寄せた。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2017年6月8日のニュース