【エプソムC】クラリティスカイ 遅れも大丈夫、斎藤誠師笑み

[ 2017年6月8日 05:30 ]

 メイS3着クラリティスカイは、Wコースで併せ馬。大きく先行してラストは強めに追われたが、馬なりのストーミーシー(4歳1600万)に半馬身遅れた。

 それでも斎藤誠師は「ストーミーは調教で抜群な馬だから。本人自体は動いているよ」と笑顔。追い風なのは、昨夏以来に背負う56キロの重量。「ハンデ戦ばかり使っていたからね。別定戦なら勝負になるんじゃないか」と息巻いていた。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2017年6月8日のニュース