【エプソムC】マイネルミラノ4馬身先着 相沢師「申し分ない」

[ 2017年6月8日 05:30 ]

 マイネルミラノはWコースでパートナーをぶっちぎる派手な動きを見せた。いっぱいに追われるキーネットワーク(3歳未勝利)の2馬身後方から楽に並びかけると、4馬身先着。相沢師は「状態も動きも申し分ない。東京より小回りコースの方が競馬しやすいし、ハンデ(58キロ)もきついが、出来の良さをぶつけたい」と語っていた。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2017年6月8日のニュース