【西武園】石塚 圧巻逃げ切り、和歌山の新鋭「調子悪くない」

[ 2017年6月8日 05:30 ]

 和歌山期待の新鋭が自慢の先行力を発揮した。初日9Rに登場した石塚が圧巻の逃げ切り勝ち。赤板から突っ張り先行でラスト1周は前半11秒6、後半11秒7の好時計だ。

 「雨が近いからかジメジメして風が重かった。その風をバックで2回受けて逃げ切れたし調子は悪くない」。三谷竜生のダービー制覇で盛り上がる近畿地区。中でも和歌山は伸び盛りの若手が多く活気づいている。練習グループでは「G1の準決勝で和歌山ラインを組む」という目標を掲げて汗を流す。準決勝10Rは格上の山中が相手。チャレンジャー精神で先行勝負を挑む。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2017年6月8日のニュース