松本まりか 「嵐」大野智の助言で始めた日課 「びっくりするぐらい夢が叶ってる」

[ 2021年4月6日 13:43 ]

女優の松本まりか
Photo By スポニチ

 女優の松本まりか(36)が6日放送のフジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に生出演。舞台で共演した「嵐」の大野智(40)からのアドバイスで始めた日課を明かした。

 昨年1月から自身を見つめ直すため、生まれて初めての日記を日課にしているという松本。このきっかけは舞台「アマツカゼ~天っ風」(2008年)で共演した大野からのアドバイス。「12年前に私がすごく悩んでいた時に、嵐の大野くんから『まりか、たぶん日記やったほうがいいよ。俺もやってるよ。いいよ。疲れた、眠いだけでもいいから、とにかく何でもいいからコツコツ続けてみな』って言われて」と告白。「『自分が分かるよ』ってことだったと思う。前に言われていたんですけど、なかなかできなくて、2020年の1月に3年日記を買いまして、そこから始めて1年4カ月、続いてます」と日記を始めたことを明かした。

 1年4カ月、毎日続いているそうで「初めて続けてます。(1日)10行内ぐらいですかね、みっちり書いてる」と松本。それでも、スタート当初は「最初はネガティブワードで埋め尽くされてた」といい、「『私、なんてことを書いてるんだろう』とか『私、自分の頭の中、こんなんなんだ!』って衝撃を受けて」と苦笑。「ちょうど自粛中から見方を変えてみようと思って、同じことをポジティブワードに変えてみようと思って。たとえば、『きょうはこんなワードをテレビで言ってしまった…でも、嘘をつかなかったらいいじゃないか!』とか。なんかそういうふうにポジティブな方向に自分の物事の見方を変えるっていう練習帳になってます」と語った。

 さらに「『私はこうなりたい』とか、ちょっと恥ずかしいようなことも書いてたんですけど、今、2年目で、1年目のを見ると夢が叶ってるんです。未来日記みたいになってて、びっくりするぐらい叶ってて」と充実の表情。「ミミズみたいな字になってますけどね」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月6日のニュース