忘れられない橋田さんのひと言 三田村邦彦「安易な言葉を発した自分を恥じました」

[ 2021年4月6日 05:30 ]

橋田寿賀子さん死去

石井ふく子プロデューサー(右から3人目)、泉ピン子(左から3人目)ら「渡る世間は鬼ばかり」の出演者やスタッフと豆まきをする橋田寿賀子さん(中央)
Photo By スポニチ

 「おしん」「春日局」「渡る世間は鬼ばかり」などテレビ史に燦然(さんぜん)と輝く名ドラマを数多く手掛けた脚本家で劇作家の橋田寿賀子(はしだ・すがこ、本名・岩崎寿賀子=いわさき・すがこ)さんが4日午前9時13分、急性リンパ腫のため静岡県熱海市の病院で死去した。95歳。

 ▼三田村邦彦(「渡鬼」岡倉家の三女・文子の夫役)何をどうすれば、どうしたらいいのか戸惑っています。ワンシーンの中に同じセリフが3回あったので、「どれかひとつなくしてもいいですか?」とお尋ねしたら「私は大切なセリフは3回言っていただくようにしてるんです」。安易な言葉を発した自分を恥じました。脚本を読むにつれ、ストーリーにいつの間にか入り込んでいく魔法のような台本。思い出は尽きません。

 ▼植草克秀(「渡鬼」で岡倉家の五女・長子の夫役)あまりの急なことに今はまだうそではないかと思う気持ちです。「渡鬼」は自分の人生の中でもとても大きな仕事で、先生と一緒にやってこられて本当に感謝しかありません。自分の中ではいつも元気な橋田先生のイメージです。すいません、ショックでまだうまくまとめられません。

 ▼石坂浩二(「渡鬼」ナレーター)橋田さんにはたくさんのドラマでお世話になりました。最後にお会いしたのは18年の「橋田賞」の時で励ましのお言葉を頂き、今でも心に残っています。この先ずっとずっと書き続けられると思っていたので残念でなりません。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月6日のニュース