棋聖戦、新機能でABEMA生配信 AI駆使し候補手から最大5手先まで表示

[ 2020年6月28日 05:30 ]

第91期棋聖戦5番勝負第2局 ( 2020年6月28日    東京・将棋会館 )

藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 藤井聡太七段(17)は、28日に東京都渋谷区の将棋会館で第91期棋聖戦5番勝負第2局に臨む。

 棋聖戦を生配信する「ABEMA(アベマ)」には、28日から新機能が追加される。独自に開発した人工知能「SHOGI AI」を駆使し、候補手の中から最大5手先までを表示する。これまでは戦局を%で表したり1手先の候補手を5種類表示するなどしていた。視聴者からの「1手先の次を見たい」などの要望を受け実装にこぎ着けた。開発責任者の藤崎智氏(46)は「将棋ソフトで革命を起こします。常に進化し続けるABEMA将棋AI、これで終わりじゃないです」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月28日のニュース