久米宏、レギュラー番組全て終了「お別れというわけじゃありません」「そのうち、ぜひ」

[ 2020年6月28日 05:30 ]

フリーアナウンサーの久米宏
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの久米宏(75)が27日、TBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」(土曜後1・00)の最終回に出演し、約14年の歴史に幕を閉じた。

 この日の放送は久米が司会を務めたTBSテレビ「ザ・ベストテン」の収録スタジオ跡地からスタート。ゲストに伊集院光(52)を迎え「ラジオを聞いていた方が頭が良くなるもんね。テレビを見てたら、アレですもんね?」と、肝心なところを指示代名詞でうまくごまかす“久米節”も披露。番組最後には「僕はクセがある人間なので苦労したと思う」とスタッフをねぎらい、「これでお別れというわけじゃありませんのでね、そのうちチャンスがありましたら、いつかそのうち、ぜひ」と締めくくった。

 同番組は06年10月にスタートした長寿番組。今月上旬、加齢などを理由に終了を宣言していた。70年代から「ザ・ベストテン」(TBS)、「ニュースステーション」(テレビ朝日)と数々の人気番組に関わってきた久米だが、これでレギュラー番組は全て終了となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月28日のニュース