宝塚歌劇が公演再開を発表 東京宝塚劇場は22日、宝塚大劇場は27日から

[ 2020年3月21日 10:17 ]

東京宝塚劇場
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団は21日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となっていた公演を、感染対策に取り組んだ上で再開すると公式サイトで発表した。東京・有楽町の東京宝塚劇場での公演は22日から、兵庫・宝塚大劇場での公演は27日から実施される。

 22日に東京宝塚劇場で雪組公演「ワンス アポン ア タイム イン アメリカ」の千秋楽公演を実施。宝塚大劇場は26日まで公演中止期間を延長し、27日から花組公演「はいからさんが通る」を実施する。

 公式サイトでは「感染予防および拡散防止のためご理解とご協力をお願いいたします」と呼びかけ、今後については「新型コロナウイルスの感染状況や政府方針等により、予定が変更となる場合は、随時、宝塚歌劇公式ホームページにてお知らせいたします」としている。

 同劇団は、2月下旬に示された政府方針を受け、29日から3月8日までの公演を中止。9日に再開したが、11日に再び公演中止を発表し、21日まで中止期間が延長されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月21日のニュース