「はじ恋」「あな番」の横浜流星 カレンダー発売記念イベントに3000人「すごく充実」

[ 2019年9月15日 12:22 ]

「横浜流星 2020年カレンダー」発売記念イベント 誕生日の花束を贈られ笑顔の横浜流星
Photo By スポニチ

 大ブレーク中の俳優の横浜流星(22)が15日、東京・渋谷のタワーレコード渋谷店で「2020年カレンダー」の発売を記念したハイタッチイベントを開催。イベント前に報道陣の取材に応じた。

 今年1月期のTBSドラマ「初めて恋した日に読む話」(火曜後10・00)で注目を集め、今月8日放送の最終回で平均視聴率19・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得した日本テレビ「あなたの番です―反撃編―」(日曜後10・30)の好演でも注目を集めるなど、大忙しの1年となった。この年を振り返り、「今年は『はじ恋』から始まって、5カ月間、ハゲ覚悟でピンク髪にして。いまでも影響があって、まだ髪が切れたりしていて」と思わぬ影響があることを明かしつつ「本当に素敵な作品、素敵な方と出会って、『はじ恋』きっかけでたくさんの方々に知ってもらえた」と充実の表情。その後も注目作となった「あなたの番です―反撃編―」に出演したが、「まったくジャンルの違う作品に出演できて、『あなたの番です』は先輩方が多くて、そこで学ぶことが多くて…」としみじみ。「まだ9月で1年は終わってないですが、本当にたくさんの経験をさせてもらえた。今の時点ですごく充実している」と前を向いた。

 ブレークでの環境の変化について聞かれ「声をかけてもらえる機会は1年前と比べると多くはなりました。『横浜流星さんですか?』って。素直にうれしいですね」と実感を明かした横浜。それでも「(変装は)まったくしてない、帽子かぶるぐらい。普通に声かけられたらかけられたらうれしいので全然大丈夫だと思ってます」とあっけらかんを笑った。

 この日は横浜の23歳の誕生日の前日。「23歳も自分の気持ちは変わらず、自分らしく、ひたむきに仕事に、芝居に向き合っていけたらいいなと思う。これからもっと、作品もそうですし、役者の方々、いろんな人と出会っていく機会が多くなるので、出会いを大切に一生懸命一歩一歩前に進んでいけたら。10年先も役者は続けていたいかな」と意気込んだ。

 今回のカレンダーは都内のスタジオと神奈川・箱根で撮影。クールな美とナチュラルな健康美に焦点を当てており、「一冊で2度楽しめるカレンダーになっている。満足いく形で撮影できたので、たくさんの方に届けば」と仕上がりに自信。横浜自身は「写真に切り取るというのはクールなほうが好き」だといい、「23(歳)にもなるので、毎年カレンダーは出しているので、ちょっと大人になっている自分も表現できたらと思った」とニッコリ。初披露となる美しい背筋も見所の1つ。「毎日筋トレはしているのでその延長戦上。背筋は今まで出していなかったので、実は意外にあるんだぞ!」と笑顔を浮かべた。

 イベントでは朝早くから約3000人のファンが渋谷に集結。横浜も「自分の誕生日前にイベントできるのがうれしい」と笑みを浮かべた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月15日のニュース