上野愛咲美・女流棋聖 女性棋士初の一般棋戦で決勝進出 竜星戦準決勝で前碁聖破る 

[ 2019年9月15日 05:30 ]

竜星戦決勝トーナメントの決勝進出を決め、笑顔の上野愛咲美女流棋聖
Photo By 共同

 囲碁の上野愛咲美(あさみ)女流棋聖(17)は14日、東京都千代田区で打たれた第28期竜星戦決勝トーナメントの準決勝で前碁聖の許家元八段(21)を破り、女性棋士で初めて年齢や性別による出場制限のない一般棋戦で決勝に進出した。

 難解な読み合いが続く激戦となったが、最後は上野女流棋聖がリードを奪い、256手で白番中押し勝ちした。「なんとか、許八段の読みについていけたのかなと思います。(勝因は)運が良かった。決勝は気楽に打ちたい」と話した。

 対局はCS放送で生中継され、1手を30秒未満で打つ早碁で打たれた。決勝は23日、一力遼八段―鈴木伸二・七段の勝者と対戦する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月15日のニュース