コヤソニに日向坂46登場 5曲熱唱、キャプテン佐々木久美歓喜「凄い盛り上がり」

[ 2019年9月15日 12:20 ]

 「KOYABU SONIC 2019」でコラボした(前列左から)チョコレートプラネット・長田、松尾、(後列左から)小籔千豊、「日向坂46」佐々木久美、小坂菜緒、河田陽菜、丹生明里
Photo By スポニチ

 吉本新喜劇座長・小籔千豊(46)が主催する「KOYABU SONIC 2019」(16日まで)が15日、大阪・咲洲の「インテックス大阪」で2日目を迎え、「日向坂46」が登場。「ドレミソラシド」「キツネ」「JOYFUL LOVE」「キュン」「NO WAR in the future」の5曲を披露した。

 キャプテンの佐々木久美(23)は「最初から凄い盛り上がり」と大喜び。小籔についても話し「裏ではすごく優しい。カメラが回ってない時にはアドバイスしてくださる温かい方です。少しでも恩返ししたいと思って来ました」と語った。26日にはさいたまスーパーアリーナで「日向坂46 3rdシングル発売記念ワンマンライブ」を開催。「大阪でもライブビューイングします。見に来てください」とPRした。

 ミニライブ後には「チョコレートプラネット」長田庄平(39)、松尾駿(37)の持ち芸「TT兄弟」と、日向坂46・丹生明里(18)、河田陽菜(18)が演じる「ひーひー兄弟」のコラボパフォーマンス。松尾は「妹分ができてうれしかった」。長田は「アイドルがやってくれたら盛り上がってCMがくるかも。でも、かわいらしかった」と新コンビを公認した。

 会見には小籔、松尾、長田と日向坂46の佐々木久、小坂菜緒(17)、丹生、河田の7人が登場。小籔が「坂道グループの妹分でこれからの娘たち。出してあげよう、というぐらいだった。そしたら、(日向坂46が)武道館でやったり、すごい人気があるのを知って、心の中で“ごめんな”と謝りました。本業(の歌)ではかわいいし、ホントに格好いい」と謝罪して、絶賛で締めくくった。佐々木久は「ご縁があって来ました。来年もまた来たいです」と話すと「いつでも、開けておきます」と小籔も歓迎していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月15日のニュース