辻希美&加護亜依歓喜!「ダブルユー」復活に合わせて 発売中止の楽曲13年後に配信

[ 2019年3月26日 21:13 ]

「W(ダブルユー)」時代の辻希美(右)と加護亜依
Photo By スポニチ

 ハロー!プロジェクトは辻希美(31)と加護亜依(31)の「W(ダブルユー)」13年ぶりコンビ復活に合わせて、幻のシングルをデジタル配信すると26日、発表した。

 「ダブルユー」は今月30、31日に幕張メッセで開催する「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」に出演予定。昨夏の公演に加護が参加したが、辻は妊娠していたため参加することができなかった。

 この日、辻は自身のブログを更新。「ひなフェス」のリハーサルがあったことを明かし、「14年ぶりにあいぼんとリハしてきたよぉ。やばいね。なんか…嬉しすぎるね。当時の事を思い出しながら… リハしてめっちゃ楽しかったです!!」とつづった。

 コンビ復活に合わせて30日に「ダブルユー」幻の第7弾シングル「どうにもとまらない/ちょい悪デビル」、同じく幻になった第3弾アルバム「W3:faithful」から3曲を加えた全5曲のデジタル配信が決定。

 辻は「めっちゃ大好きな曲なので、みんなに聞いてもらえる日が来て本当~に嬉しいです」と喜んだ。

 第7弾シングルと第3弾アルバムは、06年当時加護の不祥事が発覚。発売予定の作品は中止されていた。13年の月日が経ち、幻の楽曲配信にファンからは「復活は熱い!」「楽曲配信って凄いことだよ」「本当にいい事務所」「お蔵入りになってた曲だったのに…嬉しい!」などの声が集まった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月26日のニュース