小倉智昭氏 「球が見えない」公表の水谷隼に「見えてなくてあそこまで、逆に驚き」

[ 2019年3月26日 12:08 ]

小倉智昭キャスター
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(71)が26日、司会を務めるフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に生出演。卓球の水谷隼(29=木下グループ)が「球が見えない」と目の不調を明かしたことについて言及した。

 水谷は25日に卓球専門メディア「Rallys」に「実は、この1年、球が見えないんです」と深刻な目の症状を告白。同日夜には自身のツイッターを更新し「負けた後は真実を語っても言い訳と捉えられてしまう」とアスリートの苦悩を打ち明けていた。

 小倉氏は「あまり目が見えてなくてあそこまで頑張れたっていうことに、僕は逆に驚きを感じてますけどね」とコメント。目は人それぞれに見え方が違うとし、自身が白内障の手術後に「夜、まぶしいあかりとかがあると、周りが見にくくなったというのは多少あるし、パッと目をずらした時に残像が残ったりする」という経験談を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月26日のニュース