内田裕也さん 4・3ロック葬 ガンガン音楽流し、らしさ全開でにぎやかに送り出す

[ 2019年3月26日 05:30 ]

来月、「ロックンロール葬」が執り行われることになった内田裕也さん
Photo By スポニチ

 17日に肺炎のため79歳で死去したロック歌手内田裕也(本名・内田雄也)さんのお別れの会が来月3日に「ロックンロール葬」として執り行われることが決まった。会場は東京都港区の青山葬儀所。喪主は長女でエッセイストの也哉子氏(43)が務める。

 「内田裕也 Rock’n Roll葬」と題した会で、日本ロック界を黎明(れいめい)期から支えた裕也さんを送るのにふさわしい内容となる。関係者によると、会場にはロック音楽を流し続ける。裕也さんが歌った曲を中心にしながら、親交の深い歌手やバンドの曲も選ぶ予定。歌手による献歌も検討されており、弔辞とともに人選をすすめている。

 祭壇は1枚のポスターを草花で再現する。そのポスターは、裕也さんのライフワークでもあった「ニュー・イヤーズ・ワールド・ロック・フェスティバル」の第1回公演(1973~74年)のために、美術家の横尾忠則氏(82)が制作したもの。虎の頭に豚の胴体を持つ動物や、エベレスト、富士山などの山々が描かれている。右上部には裕也さんの顔エベレストの山肌には親友のジョン・レノンの顔もあり、谷にUFOが飛ぶなど前衛的でロックな作品だ。

 このポスターは、昨年9月に死去した妻・樹木希林さん(享年75)が大切にしてきた。亡くなるまでベッドの頭部側の壁に飾り、テレビ番組でも何度も紹介している。裕也さんも「山あり谷ありの人生だったからなあ」とポスターと自身を照らし合わせて語るなど気に入っていた。“夫婦の絆”が感じられる祭壇で、ロック音楽をバックに希代のロック歌手を盛大に送り出す。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月26日のニュース