コシノ三姉妹 生家に母の名冠した「アヤコ食堂」オープン喜ぶ

[ 2019年3月26日 17:47 ]

「アヤコ食堂」オープンを前日に会見した(右から)コシノヒロコ、コシノジュンコ、コシノミチコ
Photo By スポニチ

 ファッションデザイナーのコシノヒロコ(82)、コシノジュンコ(79)、コシノミチコ(76)の“コシノ三姉妹”が26日、大阪・岸和田市内の生家があった地で27日に開業する飲食店「アヤコ食堂」をPRした。

 デザイナーの草分けとして活躍し、NHK連続テレビ小説「カーネーション」のヒロインのモデルとなった三姉妹の母・綾子さんの名をとった店名。綾子さんの命日であるこの日、午前中に法要を済ませた3人が、同所で会見した。ヒロコは「実家をいかに残すかがテーマだった。食堂として残るのは理想的。(母も)天で喜んでると思います」と笑顔。「岸和田の新たな観光スポットになれば」と期待した。

 おでんや和総菜など家庭的な料理満載で、ジュンコは「食べる事が大好きなお母ちゃんが好きそうなメニューが並んでいる。まるでお母ちゃんが生きているかのよう」と目を輝かせた。

 母と食の思い出を問われると、ヒロコは「おいしいものをよく知っていて、旬のものをあまり手をかけず上手に食べさせる方法をよく知っていた」と振り返った。ジュンコは「3時のおやつはシャコでした」と笑い、ミチコは「お母ちゃんが作るものはお酒に合うものが多かった」と語った。

 店には「カーネーション」でヒロインを務めた女優・尾野真千子(37)からも祝いの花が届いていた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月26日のニュース