チョコプラ長田「キムタク意識」「肩幅広い変態」…同窓生からの暴露に「精神的にボロボロに」

[ 2019年3月26日 11:58 ]

「チョコレートプラネット」の長田庄平
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「チョコレートプラネット」の長田庄平(39)が25日深夜放送のフジテレビ「勝手に同窓会」(深夜1・15)に出演。学生時代の仲間からイタい思い出話を暴露され、タジタジになる場面があった。

 本人不在の同窓会を開き、当時の逸話を聞き出していく番組。小中学時代での同窓会では、中学2年時に長田から告白され交際したという同級生の女性が出席。「1カ月も付き合ってない。あまり記憶にないけど、『体育館行こうぜ』みたいな感じで…」と暴露された。元カノによると、長田は背が低かったものの、身長の高い彼女の肩に自身の腕を載せて「体育館行こうぜ!」と粋がっていたとか。

 また、京都の嵯峨美術短大時代の同窓生からは「ダサい」「大学デビュー」「肩幅の広い、ただの変態」と散々な言われよう。入学直後は長髪だったといい、「自分を“オサショウ”って言って、たぶんキムタクをまねしていた」と俳優の木村拓哉(46)を意識していたことなども明かされた。

 数々の証言で、お調子者であまり女性からもてなかったものの、愛されキャラだったことが判明したが、VTR明け後の長田は「直接同窓会に行かなくてよかった。精神的にボロボロになっていたかもしれない」とがっくりきていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月26日のニュース