「まんぷく」俳優・毎熊克哉 元サッカー日本代表の幼なじみ告白に謙そん「格が違います」

[ 2019年2月12日 14:28 ]

幼なじみだった森脇良太(右)と毎熊克哉
Photo By スポニチ

 女優の安藤サクラ(32)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月〜土曜前8・00)に出演中の俳優・毎熊克哉(31)が12日、自身のツイッターを更新。毎熊と少年時代にチームメートだったことを告白した元サッカー日本代表DF森脇良太(32=浦和)のツイートを引用し、格が違うと謙そんした。

 森脇は10日に更新した自身のツイッターで「地元福山市で小学校、中学校が同じで小学生の時は同じサッカー少年団の同級生」と毎熊との関係性を説明。「地元の同級生たちが色々な場所で活躍してるのを見るといつも以上に刺激を受けるな〜!!」とし、「毎ちゃんのこれからに更に期待しちゃうね。頑張れ毎ちゃん(^^)」とエールを送った。

 毎熊はこの森脇のツイートを貼り付けた上で「同じチームと言っても格が違います」と謙そん。「森ちゃんは広島県内を飛び越えるスーパーエース。私は下手くそ過ぎてチームの足をひっぱるエース」と続けた。

 毎熊は安藤演じるヒロイン・福子の夫である萬平(長谷川博己)が興した製塩会社でかつて働いていた“元塩軍団”の森本を好演。現在は福子の姪である吉乃(深川麻衣)に一目ぼれし、同じく吉乃に一目ぼれした元同僚・岡(中尾明慶)との恋のさやあてが注目されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月12日のニュース