Jリーグ、ソフトバンクロゴデザインの大貫卓也氏 女優の池田昌子と結婚

[ 2019年2月12日 06:10 ]

大貫卓也氏と結婚した女優の池田昌子
Photo By 提供写真

 世界的クリエーティブデザイナー、大貫卓也氏(61)が結婚したことが11日、分かった。相手は女優の池田昌子(しょうこ、51)で、50代と60代の熟年婚だ。

 大貫氏はデザイン界の第一人者。Jリーグや、ソフトバンクの企業・球団のロゴなどの生みの親。1993年のカンヌ国際広告映画祭でグランプリを獲得した日清カップヌードル「hungry?」のほか、世の中にインパクトを残した作品は多い。新潮文庫「Yonda?」の広告、資生堂ヘアケアブランド「TSUBAKI」のCMなども手掛けた。

 池田は、香港出身の俳優ジャッキー・チェン(64)のアクション映画「プロジェクト・イーグル」(91年)に出演。「アジアのヒロイン」と呼ばれ、注目を集めた正統派美人。現在もドラマやCMで活躍している。

 2人は舞台観劇の仲間として出会い、交際2年でゴールイン。熟年同士らしく穏やかに愛を育んできた。池田は「一緒にいることが凄く自然で、笑い合う時間、支え合う時間がかけがえのないものとなった」とし「“この人と人生を過ごしていきたい”と互いに感じたことが結婚という形になりました」と話している。池田は初婚で、大貫氏は再婚という。昨年末に婚姻届を提出した。

 昨年1月には女優浅野ゆう子(58)が同世代の一般男性との結婚を発表。厚生労働省の人口動態調査(16年)によると、90年代と比べると50代の初婚は男性が5倍、女性が1・7倍に増加するなど、老後をパートナーと穏やかに過ごしたいというカップルが増えている。「これからもお互いの存在が人生を豊かにしてくれると思います」と池田。最高の伴侶を得て、ともに新たな表現を生み出していく。

 ◆大貫 卓也(おおぬき・たくや)1958年(昭33)生まれ、東京都出身の61歳。80年に多摩美術大を卒業後、博報堂に入社。新人時代にとしまえん「史上最低の遊園地」「プール冷えてます」などの広告で話題となる。93年に大貫デザイン設立。サッカーくじ「toto」のロゴマークも手掛けた。

 ◆池田 昌子(いけだ・しょうこ)1967年(昭42)11月21日生まれ、富山県出身の51歳。映画「プロジェクト・イーグル」では唯一の日本人メインキャストとして注目された。ほかに08年公開映画「特命係長只野仁」、14年公開「呪怨―終わりの始まり―」などに出演。ドラマは05年のフジテレビ系「曲がり角の彼女」レギュラーなど。特技は英会話、茶道。1メートル64。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月12日のニュース