中村勘九郎「いだてん」タイトルバックに感慨 天国の父思い「少しは“勘九郎孝行”できたかな」

[ 2019年1月6日 21:00 ]

青森県八戸市の「いだてん」初回放送トークショーに参加した中村勘九郎と橋本愛(手前左)(C)NHK
Photo By 提供写真

 NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(日曜後8・00)初回放送のパブリックビューイング(PV)とトークショーが6日、青森県八戸市公民館で行われ、歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と女優の橋本愛(22)が参加。作品への思いや見どころを熱く語り、会場を盛り上げた。

 連続テレビ小説「あまちゃん」(13年前期)をヒットに導いた脚本家の宮藤官九郎(48)が大河ドラマの脚本を初担当し、20年の東京五輪を控え「日本と五輪」をテーマにしたオリジナル作品。日本が五輪に初参加したストックホルム大会の1912年から東京大会の64年までの52年間を描く。

 中村勘九郎と阿部サダヲ(48)がダブル主演。勘九郎は「日本マラソンの父」「箱根駅伝創設者」として知られ、ストックホルム大会に日本人として五輪初参加した金栗四三(かなくり・しそう)を演じる。

 勘九郎の父、故中村勘三郎さんは五代目中村勘九郎として99年の大河「元禄繚乱」に主演。親子2代の大河主演は故緒形拳さんと緒形直人(49)に続く史上2組目となる。勘九郎は「大河の主役を、同じ名前だけど違う人間が演じるのは史上初じゃないですか」とニンマリ。「父が1年間戦う姿を見て、大河の凄さを感じていました。出演者を家に招いてお酒を飲んでいた。結束力を強めていたんだなと思います」と思い出を振り返った。

 ドラマオープニングのタイトルバックで「中村勘九郎」の文字を見たときは感慨深かったといい、「父が46年間名乗り、大切にしてきた『勘九郎』の名が大きく映し出されて。父が早く亡くなり、僕は親孝行ができなかったのですが、これで少しは親孝行、“勘九郎孝行”ができたかな」と微笑んだ。

 若き日の落語家・古今亭志ん生である美濃部孝蔵(森山未來)とともに浅草を破天荒に生き抜く美しい遊女・小梅を演じる橋本は見どころについて「全ての格好いい役者さんたちが、可愛く、みんなチャーミングに見えるんです。是非その可愛さを楽しんでください」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年1月6日のニュース