上下関係

[ 2019年1月6日 09:00 ]

藤井聡太七段と加藤綾子アナウンサー
Photo By スポニチ

 【我満晴朗のこう見えても新人類】元日付の正月特集では将棋の藤井聡太七段×加藤綾子アナウンサー対談を担当した。担当と言っても下準備やら大盤セッティングやら、単なる小間使いに過ぎなかったが。

 会場は東京都渋谷区の将棋会館内にある和室。実は昨年の正月企画で藤井四段(当時)とタモリが対談した際に使用した部屋だ。対局時同様、盤駒と駒台、座布団があらかじめ用意されている。

 「藤井さんはどっちに座るんでしょうか?」。対談前の検分でカメラマンから素朴な質問を受けた筆者は「下座でしょ。去年もそうだったけど、彼は年長者をたてる棋士だから」と即答した。つまり掛け軸を背にするのは加藤アナ。間違いない。おそらく鼻の穴を膨らませて自信たっぷりの表情だったのだろう。カメラマンは寸分の疑いもなく下座に藤井七段が着座すると想定した撮影準備を始めた。

 約束の時間ちょうどに入室した主役と軽くあいさつ。さあ始めましょうかという段階になって、筆者は何気なくこんな質問を投げかけた。「藤井さん、今回は上座でいかがですか?」と。

 いやあ、特に他意はなかったんですよ。「あっ、いえいえ、下座で構わないです」という返事を想定したうえでの問いかけだったので。ところが、ここからが想定外。「そう…ですね……」と考慮すること3、4秒。「では…」と、上座に向かったではないか。

 え?

 筆者以上に驚いたのはカメラマンだったはず。当初の予定とは全く逆の構図になるのだから。大慌てでポジションチェンジ。右往左往させて大変申し訳ない。

 それにしても、なぜ藤井七段は上座を選んだのか。よく考えればこれ、自然な「一手」だ。昨年の取材時は四段だったから、実際の対局でもほとんどが下座。だが2018年はあっという間に七段へと出世したため、上座を占める姿を見る機会が圧倒的に増えた。今回の選択にはそんな事情があったに違いない。加藤アナの繰り出す質問によどみなく答える藤井七段の姿を拝見しながら、この1年の成長ぶりを濃密に感じた1時間。それでもまだ彼は16歳なんだよな…。

 2年前の9月3日、三段リーグをトップ通過して史上最年少棋士になった中学2年生は、笑って下さいという撮影時の注文にも表情は果てしなくぎこちなかった。最近は同様のケースでも自然な笑顔が自然に出る。インタビューでも、かつてより明らかに多弁だ。時にユーモアあふれるコメントも多くなり、取材者としても実に楽しい。

 2019年、伸び盛りの彼にとってはどんな一年になるのだろう。そして来年の正月特集では…。もちろん、掛け軸をバックに座っていただきます。(専門委員)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月6日のニュース