大江裕、デビューから30キロ激太り 400メートルを10分かけ移動

[ 2018年5月28日 14:00 ]

好物の寿司を平らげる大江裕(C)TBS
Photo By 提供写真

 演歌歌手の大江裕(28)が28日放送のTBS医療バラエティ「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演。誤った便秘薬の服用で腸が黒く変色していることが明らかとなる。

 体重がデビュー当時の90キロから120キロへ増加した大江。その私生活に密着すると、400メートル先のコンビニまで10分かけて移動。とにかく歩くのが遅く、往復すると座り込んでしまう始末。一通り食事を終えた後に寿司30貫を平らげ、“大好物”炭酸飲料も飲み干す暴飲暴食ぶりも明らかに。

 日頃から便秘と下痢に悩まされているというが、大腸内視鏡検査の結果、健康であればピンク色の部分が“ドス黒く”変色していることが発覚。スタジオでは医師団から便秘薬の服用方法の間違いを指摘される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月28日のニュース