梅沢富美男 故今井雅之さんとの約束で3年ぶりに検診へ 前回はポリープ発見

[ 2018年5月28日 12:44 ]

「故・今井雅之さんをしのぶ会」に出席した(左から)阿部哲子アナウンサー、梅沢富美男
Photo By スポニチ

 俳優の梅沢富美男(67)が28日、都内で行われた「故・今井雅之さんをしのぶ会」に出席した。

 この日は2015年に大腸がんのため死去した俳優の今井雅之さん(享年54)の3回目の命日。梅沢は今井さんと20年前のドラマ共演がきっかけで意気投合し、TOKYOMX「バラいろダンディ」(月〜金後9・00)でも共演。今井さんから「先輩」と慕われ、プライベートでも親交が深かった。

 梅沢は「礼儀がきちんとできた芸能人。今でもガンで亡くなったなんて信じられない」と悲痛な思いを語った。そして今井さんの助言に従い、大腸の検査を受けた。医者嫌いだったが「今井くんから『約束ですよ』って言われて検査しました」と告白。大腸に3つのポリープが発見され「ポリープとったのですが、悪性になる一歩手前って言われました。今井くんが言ってくれなかったら今この場にいないかも。(自分は)ガンの家系なんです。命を助けてもらった。命の恩人ですね」としみじみ語った。この会をきっかけに「3年前にやったきりなので、改めて来月全部診てもらいます」と明かしていた。

 4月に一般社団法人「先制医療推進機構」が設立され、今井さんが親善大使に就任。亡くなってから親善大使になるのは異例だが、梅沢は「彼の功績だったんでしょうね。うれしいです」と喜んでいた。

 司会は阿部哲子アナウンサー(39)が務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月28日のニュース