PR:

将棋“史上最長”420手!指し直しの末19時間費やし決着

 27日から28日にかけて行われた将棋の竜王戦ランキング戦6組で「420手」という長手数で引き分けとなる対局があった。通常は100手前後で終了するため異例の長さだった。日本将棋連盟によると、記録が残る1954年以降の公式戦では、最長手数になるという。

 中尾敏之五段(43)と牧野光則五段(29)の対局は東京都渋谷区の将棋会館で行われ、27日午前10時に開始。互いの王が敵陣に入り、王手して取ることができなくなったため決着がつかず、28日午前1時44分に持将棋(引き分け)となった。指し直しの対局は28日午前2時14分に始まり、同4時50分に牧野五段が100手で勝利。27日朝から約19時間を費やし、ようやく決着がついた。

[ 2018年3月1日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:06月23日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル