安藤美姫“相棒”30歳のスヌーピー披露「この子がいなくなると大泣きした」

[ 2018年3月1日 11:12 ]

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPYFANTARATION」オープニングイベントに出席した安藤美姫
Photo By スポニチ

 プロフィギュアスケーターの安藤美姫(30)が1日、東京・松屋銀座で行われたスヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY FANTARATION」(同所にて19日まで)のオープニングイベントに、総合プロデューサーの大谷芳照氏とともに出席した。

 スヌーピーのファン代表として同展に来場した安藤は、スヌーピーの魅力を聞かれると「生まれたときから近くにいた存在で、どんなときもスヌーピーがいつも横にいてくれたので、家族のような大切な存在です」と語り、手にしていた年季の入ったスヌーピーのぬいぐるみの紹介を求められると「私が生まれたときからいるスヌーピーなので30歳です(笑)。小さい頃は一緒にずっと寝ていて、この子がいなくなると大泣きして幼稚園に行けないくらいでした。大きくなっても自分の大事な試合に連れて行って、4回転を飛んだときも、オリンピックにも連れて行きました」と打ち明けた。

 また、家族ぐるみの付き合いだという大谷氏から、トリノ五輪に行く前にスヌーピーの作品をプレゼントしたことが紹介されると、安藤は「結果は散々でしたが…」とぼやいたが、大谷氏から「スヌーピーは挫折とか共感とか友情とかいろいろあるでしょ。負けるとかじゃなくて、努力だよ!」と励まされると、安藤は「ありがとうございます。そうやって言ってくださる方は少なくて…。救われます」と笑顔を見せた。

 娘もスヌーピーが尋ねられると「好きですね。洋服もいっぱい持っています。もちろん親の影響もあるんですけども(笑)、展示会にも足を運ばせていただいて、(大谷)先生にもお会いしたりしました」と明かし、来月4日には5歳の誕生日を迎える娘にスヌーピーのプレゼントを提案されると「どうでしょうか。でもこの展示会には一緒に足を運びたいなと思います」と声を弾ませた。

 同展は、“素敵な直感”から生まれた作品計約110点を展示し、サイエンスアートが繰り広げる新しいスヌーピーの世界を楽しむことができるほか、販売コーナーではオリジナルグッズ約350アイテム以上を含む、スヌーピーグッズ約600アイテムを揃える。お客様第1号として同展を見た安藤は「スヌーピーの魅力がたっぷり詰まっていて、スヌーピーってどんなものとでもコラボできるんだなという偉大さを感じながら、誇らしく思って見ていました」と目を輝かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月1日のニュース