映画監督のルイス・ギルバート氏死去、「007」3作手がける

[ 2018年3月1日 05:30 ]

 英BBC放送などによると英国の映画監督、ルイス・ギルバート氏が23日、在住していたモナコで死去した。97歳。死因は不明だが、認知症を長く患っていたという。

 20年ロンドン生まれ。子役としてキャリアをスタートした後、戦争映画を撮り始めた。人気スパイ映画「007」シリーズで「007は二度死ぬ」「私を愛したスパイ」「ムーンレイカー」の3作を手がけたほか、66年の作品「アルフィー」は米アカデミー賞で作品賞など5部門の候補になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月1日のニュース