大杉漣さん舞台代役に神農直隆、新国立劇場4〜5月公演「1984」

[ 2018年3月1日 05:30 ]

大杉漣さん
Photo By スポニチ

 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優の大杉漣さん(享年66)が出演予定だった東京・新国立劇場の4〜5月公演「1984」について、神農(かみの)直隆(37)が代役を務めることを同劇場が28日、発表した。

 担当者によると神農はもともと別の役で同作に出演予定だった。大杉さんの死去を受け、演出家と劇場が相談のうえ代役に決まったという。稽古はまだ始まっていないこともあり「キャスト変更による公演への影響や混乱はほとんどないと考えている」と話した。神農が演じる予定だった役には新たに曽我部洋士(37)を起用する。舞台は英作家ジョージ・オーウェルによるベストセラー小説が原作。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月1日のニュース